サッカー

ドイツ2部リーグ優勝 デュッセルドルフ・宇佐美「自信戻った」 今季8点目、原口とW杯代表へ好材料

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ニュルンベルク(ドイツ)大島祥平】サッカーのドイツ2部リーグは13日、今季最終節があり、1部昇格を決めていた宇佐美貴史、原口元気の2位デュッセルドルフが首位ニュルンベルクと敵地で対戦。3-2で逆転勝ちし、2部優勝を果たした。後半ロスタイムの勝ち越しゴール直後に試合終了の笛が鳴る。劇的な逆転優勝に宇佐美と原口がベンチ前で固く抱き合った。

 0-2と先行される苦しい展開。反撃の口火を切ったのはトップ下でフル出場した宇佐美だった。前半37分、「あの瞬間、何か感じた」。ゴール前の遠いサイドに詰めて左クロスを頭でとらえ、今季8点目。原口も後半31分まで持ち味の運動量で攻守に貢献した。

この記事は有料記事です。

残り204文字(全文495文字)

あわせて読みたい

注目の特集