メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

邪馬台国

卑弥呼も食べたモモの種? 土器付着物も2~3世紀 奈良・纒向遺跡

付近からモモの種が見つかった纒向遺跡の大型建物跡(手前)。奥は箸墓古墳=奈良県桜井市で2018年5月14日、本社ヘリから三村政司撮影

 邪馬台国の最有力候補地とされる纒向(まきむく)遺跡(奈良県桜井市)の中心的施設跡で出土した大量のモモの種について、同市纒向学研究センターが14日、放射性炭素(C14)年代測定で「西暦135~230年の間に実った可能性が高い」とする分析結果を公表した。卑弥呼(ひみこ)(248年ごろ没)の活動時期と重なる今回の年代は、土器形式から得てきた推定年代とも一致し、遺跡が邪馬台国の重要拠点だったとする「畿内説」を強める研究成果といえる。

     測定したのは、09年に見つかった大型建物跡脇の穴「土坑(どこう)」から出土した約2800個のモモの種のうち15点。モモは、建物解体時に祭祀(さいし)に用いられたとみられている。

     同センターが中村俊夫・名古屋大名誉教授(年代分析学)に測定を依頼した。その結果、12点は230年までの約100年間に実り、ほぼ同じ年に穴に捨てられた可能性があるという。残り3点は測定できなかった。また、同センターから別に測定を依頼された徳島県埋蔵文化財センター専門研究員(分析当時)の近藤玲氏を通じて、山形大の高感度加速器質量分析センターが行った土器付着物などの分析でもほぼ同様の結果が出た。

     遺跡は邪馬台国より後の4世紀以降とする異論もあるが、纒向学研究センターの寺澤薫所長は「一年生植物の種子という良好な試料を使った分析精度が高い研究で、纒向が3世紀中ごろに収まることを示す重要な資料だ」と話した。【矢追健介、藤原弘】

    測定した教授「集大成」 「使い物にならない手法」批判バネに精度向上

    纒向遺跡から出土した大量のモモの種=奈良県桜井市で2010年、幾島健太郎撮影

     実った時期は、西暦135~230年の間--。纒向遺跡で見つかっていたモモの種のC14年代測定は、邪馬台国の所在地論争に一石を投じる結果が出た。この研究の第一人者で今回の調査を担当した名古屋大の中村俊夫名誉教授(67)は「一つの集大成」と手応えを語る。

     「C14年代測定は使い物になりそうもない」。15年ほど前、別の機関が測定した結果のばらつきにいら立った考古学者の言葉が、中村さんは忘れられない。「精度を高めたい」と強い思いで研究を続けてきた。

     3種類の炭素原子(C12、C13、C14)のうち、死滅した動植物の内部でC14だけが時間と共に減っていく特徴を利用するC14年代測定。中村さんが手がける「加速器質量分析法」は遺物に残る炭素からそれぞれの比率を調べる手法で、C14の比率が小さいほど古いと分かる仕組みだ。

     国内で初めて装置を導入したのが名古屋大。広島大で加速器を研究していた中村さんは1980年に装置の担当者として赴任した。「海の物とも山の物とも分からず、やろうと思う人はいなかった」と振り返る。

     当初、細かな年代を求める考古学者からは「ほとんど見向きもされなかった」。大きな原因が、測定される「炭素年代」と実年代(暦年代)のズレだ。炭素年代は空気中のC14が一定という前提だが、現実には太陽活動などの影響で変動しており実年代に補正する必要がある。80年代以降、国際的に研究が本格化し、炭素年代に対応する実年代のデータをまとめた補正用のグラフが作られた。日本でも2000年ごろから考古学の分野で注目されるようになったが、結果にばらつきが出ることもあり「疑いの目」はつきまとった。

     今回は、15年1月に纒向学研究センターを訪れた中村さんが「15個ほどいただきたい」と寺澤薫所長に直談判。10個以上の試料を調べれば正確性が増すためで、前処理にも細心の注意を払った。その結果、平均値の誤差が前後わずか6年という正確な炭素年代を測定できたが、補正用のグラフに合わせると実年代では100年ほどの幅を持つ部分に当たってしまった。

     「現時点ではこれが限界。数字をどう捉えるかは考古学者の方たちに委ねたい」

     近年の研究では日本の試料は国際的な補正データとズレがあることが指摘され、日本独自の補正グラフの作成が求められている。「過去を調べて、未来を見る。やるべきことはまだたくさんある」。正確さを求める中村さんの挑戦は続く。【花澤茂人】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. マネックス 松本社長「コインチェック6月中に全面再開」
    2. アメフット 日大の内田前監督、改めて「指示ではない」
    3. 財務省 森友交渉記録、答弁に合わせ廃棄 理財局職員指示
    4. 岩波書店 「広辞苑」10年ぶり改訂 担当者が明かす知られざる魅力
    5. 広辞苑 10年ぶり改訂 「がっつり、ちゃらい、自撮り」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]