メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

邪馬台国

卑弥呼も食べたモモの種? 土器付着物も2~3世紀 奈良・纒向遺跡

付近からモモの種が見つかった纒向遺跡の大型建物跡(手前)。奥は箸墓古墳=奈良県桜井市で2018年5月14日、本社ヘリから三村政司撮影

 邪馬台国の最有力候補地とされる纒向(まきむく)遺跡(奈良県桜井市)の中心的施設跡で出土した大量のモモの種について、同市纒向学研究センターが14日、放射性炭素(C14)年代測定で「西暦135~230年の間に実った可能性が高い」とする分析結果を公表した。卑弥呼(ひみこ)(248年ごろ没)の活動時期と重なる今回の年代は、土器形式から得てきた推定年代とも一致し、遺跡が邪馬台国の重要拠点だったとする「畿内説」を強める研究成果といえる。

 測定したのは、09年に見つかった大型建物跡脇の穴「土坑(どこう)」から出土した約2800個のモモの…

この記事は有料記事です。

残り1401文字(全文1666文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪 「期間中に夏休み」政府、首都圏企業に要請
  2. サタデープラス ブームは日本だけ? 「ノストラダムスの大予言」で人生が狂った男
  3. 時代の風 豪雨当日の宴会や死刑「実況」 今やるべきはそれか?=中島京子・作家
  4. 水球代表 女子合宿打ち切り 男子監督がネットで戦術批判
  5. 国会前 「安倍政権退陣」デモ集会に8500人

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]