メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型出生前診断

日産婦、拡大方針 無認可排除へ要件緩和

 妊婦の血液から胎児の染色体異常の可能性を調べる新型出生前診断(NIPT)について日本産科婦人科学会(日産婦)は検査を実施できる医療機関を増やすため、施設要件の緩和など指針を見直す方針を固めた。現在ある程度大きな規模が必要な要件になっているが、無認可で検査する医療機関が出てきたため、要件を緩和して認定施設を増やし適切な検査を実施するよう指導を強化する。【千葉紀和】

 NIPTは羊水検査など他の出生前診断と比べ手軽で、精度も高い。疾患が判明すれば中絶する可能性が高く…

この記事は有料記事です。

残り773文字(全文1006文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS NGT48山口真帆、調査結果に不満「今までずっと耐えてきました」
  2. 佳子さまがICU卒業 「充実した学生生活に感謝」
  3. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  4. 佳子さま 「結婚は当人の気持ち重要。姉の希望かなう形に」 宮内記者会の質問回答全文
  5. NGT48・山口さん調査報告書に「嘘ばかり」 運営会社側は否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです