アスベスト

石綿、労災記録開示を 遺族が賠償訴訟促した国を提訴

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 アスベスト(石綿)の健康被害に対する賠償金の対象となる可能性があるため国に提訴を促されたのに、裁判を起こせるかどうかの確認に必要な労災記録の開示を労働局に拒否されたとして、石綿関連疾患で死亡した元工場労働者2人の遺族が14日、国に不開示決定の取り消しを求めて大阪地裁に提訴した。

 訴状によると、遺族は、兵庫県尼崎市の石綿関連工場で働き、2000年と04年にいずれも胸膜中皮腫で死亡した男性2人の息子ら。労災認定され、男性の妻らは遺族補償を受けていたが、既に亡くなっている。

 息子らは今年3月、国からの通知で、賠償対象となる可能性があることを知った。就労期間などが分からず、労災記録の開示を求めたが、厚生労働省兵庫労働局は「請求権がない」として開示しなかった。同局は「労災記録は個人情報にあたり、本人か遺族補償を受けている人にしか開示できない」としている。

この記事は有料記事です。

残り217文字(全文595文字)

あわせて読みたい

注目の特集