メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

FGO

「ゲーム外を制する者が、ゲームを制す」 塩川プロデューサーが“未来”語る

人気ゲーム「Fate/Grand Order」を手がけるディライトワークスの塩川洋介さん

 人気ゲーム「Fate」シリーズのスマートフォン向けRPG「Fate/Grand Order(FGO)」のクリエイティブプロデューサーに就任したゲームメーカー「ディライトワークス」の塩川洋介さんが15日、同社(東京都目黒区)で就任説明会を開き、「FGO」の“未来”について語った。

 塩川さんは、4月にクリエイティブディレクターからクリエイティブプロデューサーに肩書を変更した。「FGO」は、2016年に配信がスタートし、VRコンテンツ、リアル脱出ゲームとのコラボなどさまざまなコンテンツを展開している。塩川さんはプロデューサーとして、ゲーム以外にもさまざまなプロジェクトの方針を決めていく。塩川さんは「ゲーム外を制する者が、ゲームを制す」をキーワードに挙げ、「スマートフォンゲーム全体に言えることかもしれませんが、プレーヤーに遊び続けていただくことが前提になる。ゲームが面白いことも大事ですが、付加価値をどう提供できるかが大切。それをより発展させる」と語った。

 また、「“FGOのある生活”をデザインする」ことも目指す。「メディアミックスがしたいのではなく、プレーヤーが多面的にマスター(ゲームの主人公)になることを体験していただけるようにしたい。VRやリアル脱出ゲームでは、マスターになることを体験していただける。“マスター体験”によって、より感情移入できるもの、充実したものにしていきたい。高いハードルで、こうしたことをやっているゲームは見たことがない。(ゲームの)第2部を大きく盛り上げるためにチャレンジしていきたい」と意気込んだ。プロジェクトの総合プロデュースチームを発足。メンバーを募集し、さらなる発展を目指す。

 「FGO」は、ゲームやアニメが人気の「Fate」シリーズのスマートフォン用ゲーム。未来が失われた世界を舞台に、プレーヤーがサーヴァントと呼ばれるキャラクターたちを従えて、過去にさかのぼる旅に出る。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. マネックス 松本社長「コインチェック6月中に全面再開」
  2. アメフット 日大の内田前監督、改めて「指示ではない」
  3. 財務省 森友交渉記録、答弁に合わせ廃棄 理財局職員指示
  4. 岩波書店 「広辞苑」10年ぶり改訂 担当者が明かす知られざる魅力
  5. 広辞苑 10年ぶり改訂 「がっつり、ちゃらい、自撮り」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]