メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

青森・深浦町

養殖サーモン初水揚げ「一大産地目指す」

試験販売する要素句サーモンを水揚げする関係者=深浦町沖で2018年5月14日、藤田晴雄撮影

 サーモンの大規模な海面養殖試験が行われている青森県深浦町沖で14日、試験販売用の成魚の水揚げが始まった。養殖・加工を担う「日本サーモンファーム」(同町)は、品質や販売コストを確認し、来年5月ごろから本格的な出荷を始める予定だ。

 試験は、つくり育てる漁業の推進を目的に、県や町、地元漁協、同ファームなどが連携して2016年2月から実施。ふ化した稚魚を町内の中間育成場で20~30センチ…

この記事は有料記事です。

残り288文字(全文480文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鬼滅の刃 シリーズ累計4000万部突破 10カ月で11倍 勢い止まらず

  2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  3. 全日本吹奏楽連盟「事務局長ら2人が1.5億円超着服」 懲戒解雇

  4. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  5. 新型肺炎 日本国内のホテルもキャンセル相次ぐ 長期化懸念の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです