メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
静岡・藤枝

イノシシ捕獲作業に同行ルポ 農林作物被害

猟犬を連れ、イノシシを探す久住さん=静岡県藤枝市中藪田で2018年4月21日、大谷和佳子撮影

 静岡県全体の面積の60%以上が中山間地域の静岡は、野生のイノシシやシカによる農林作物への被害が多い。県によると、2016年度の被害額は4億1932万円。そうした中、藤枝市は4月に地元猟友会と連携し、「市鳥獣被害対策実施隊」を結成した。結成後、隊の捕獲作業に同行させてもらった。【大谷和佳子】

 取材当日の捕獲場所は、市内の潮(うしお)山。志太猟友会の久住英樹さん(74)ら10年来の顔なじみというメンバー6人に猟犬2匹の構成だ。現地ではまず山を囲むように分かれ、携帯電話や無線で連絡を取り合いながら、山の様子を慎重に探る。「ため池の近くは、(イノシシの)子連れが歩いているぞ。足跡がある」「そこに犬を連れて入ってみよう」といったやり取りが聞こえる。

 その後、全員集合して段取りを相談する。「やっぱり2匹いそうだ」「別々に(山を)下るかもしれんな」。…

この記事は有料記事です。

残り543文字(全文917文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 香港のブルース・リー宅取り壊し ファン、保存訴えるもかなわず

  3. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

  4. GSOMIA破棄の裏に内政問題影響か 「想定外」にいらだつ日本政府

  5. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです