メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北アルプス

残雪の雪壁 乗鞍スカイライン、半年ぶり開通

残雪の中を終点の畳平駐車場へ向かう観光バス=高山市丹生川町の乗鞍スカイラインで2018年5月15日午前9時31分、大竹禎之撮影

 岐阜・長野両県をまたぐ北アルプス乗鞍岳(3026メートル)の山岳観光道路「乗鞍スカイライン」(岐阜県高山市、14.4キロ)は15日、約半年ぶりに開通し、乗鞍岳の山開きが行われた。

     乗鞍スカイラインはマイカー規制が行われ、一般車両は通行できない。開通を待ち望んだ登山者や観光客は、残雪でできた最高約5メートルの雪壁の間を縫うように走るシャトルバスに乗り込み、終点の畳平(標高2702メートル)を目指し雲上ドライブを楽しんだ。【大竹禎之】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 交通安全標語 津軽弁「難しすぎる」ツイッターで話題に
    2. アメフット 関学監督と選手父コメント 日大選手会見受け
    3. アメフット 会見詳報(1)「勝手に突っ込んだことにされる」父が懸念
    4. アメフット 「相手のQBをつぶせ」前監督らが指示
    5. アメフット 会見詳報(2) 監督から「やらなきゃ意味ないよ」と言われた

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]