メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

沖縄

翁長知事「膵がん」と明かす 退院後の記者会見

病院を退院し、報道陣を前に「一日も早く公務に復帰したい」と語る翁長雄志知事=沖縄県浦添市で2018年5月15日午前10時36分、遠藤孝康撮影

 膵臓(すいぞう)に見つかった腫瘍の切除手術を受けた沖縄県の翁長雄志(おなが・たけし)知事(67)が15日午前、同県浦添市内の病院を退院した。同日午後に県庁で記者会見し、膵臓の「膵がん」と診断されたことを明らかにした。

     翁長知事は午前10時半ごろ、スーツ姿で病院玄関に姿を現した。入院前に比べ、少し痩せた様子。病院関係者らに礼を述べた後、報道陣に対し「大変、心配をおかけした。こういう形でお話しできることに、私自身もほっとしている。一日も早く公務に復帰し、私に任された責任を全うしたい」と語った。

     翁長知事は4月5日に人間ドックを受けた際に再検査を指示され、一時検査入院。膵臓に2センチ程度の腫瘍が見つかったことを公表し、同月21日に手術を受けた。秋に予定されている知事選への出馬については態度を表明していない。【遠藤孝康】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. マネックス 松本社長「コインチェック6月中に全面再開」
    2. アメフット 日大の内田前監督、改めて「指示ではない」
    3. 財務省 森友交渉記録、答弁に合わせ廃棄 理財局職員指示
    4. 岩波書店 「広辞苑」10年ぶり改訂 担当者が明かす知られざる魅力
    5. 広辞苑 10年ぶり改訂 「がっつり、ちゃらい、自撮り」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]