メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

沖縄

翁長知事「膵がん」と明かす 退院後の記者会見

病院を退院し、報道陣を前に「一日も早く公務に復帰したい」と語る翁長雄志知事=沖縄県浦添市で2018年5月15日午前10時36分、遠藤孝康撮影

 膵臓(すいぞう)に見つかった腫瘍の切除手術を受けた沖縄県の翁長雄志(おなが・たけし)知事(67)が15日午前、同県浦添市内の病院を退院した。同日午後に県庁で記者会見し、膵臓の「膵がん」と診断されたことを明らかにした。

 翁長知事は午前10時半ごろ、スーツ姿で病院玄関に姿を現した。入院前に比べ、少し痩…

この記事は有料記事です。

残り212文字(全文362文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 地面師事件 なりすまし容疑者 本人確認で「えと」間違う
  2. ORICON NEWS ゴジラ、NASA研究チームが“星座”に認定 日本の怪獣では初
  3. 1000円札 記号と番号の印刷色、褐色から紺色に変更
  4. 地面師事件 なぜ、積水ハウスはだまされたのか
  5. 堺・弟殺害 父の搬送時、一緒にいた母親も昏睡状態

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです