三井住友銀と三菱UFJ銀

ATMの相互無料化を検討

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 三井住友銀行と三菱UFJ銀行は、現金自動受払機(ATM)の手数料を相互に無料化する検討を始めた。自前で管理するATMを減らして維持費用を減らし、顧客の利便性を高める狙いだ。将来は端末の統一化を目指す。

 三井住友フィナンシャルグループの国部毅社長が14日の決算発表記者会見で明らかにした。スマートフォンアプリの普及で振り込みなどの手続きが簡単にできるようになっており、店舗を訪…

この記事は有料記事です。

残り284文字(全文472文字)

あわせて読みたい

ニュース特集