メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米大使館移転

トランプ米政権「親イスラエル」鮮明に

米大使館エルサレム移転をめぐる相関図

 イスラエル建国70周年に合わせた14日の在イスラエル米大使館のエルサレム移転により、トランプ米政権は「親イスラエル・反イラン」の姿勢を改めて鮮明にした。パレスチナ側のデモ隊にはイスラエル軍との衝突で多数の死傷者も発生。トランプ政権の独善的な政策は中東情勢の一層の不安定化を生み出している。

 「首都認定の決定に沿う形で、大使館を歴史的な聖地エルサレムに予定を前倒しして開くことができた」。トランプ米大統領は14日の米大使館開設式典に、ワシントンからビデオメッセージで祝意を伝達した。

 トランプ氏は昨年12月にエルサレムの首都認定を宣言。大使館移転時期は当初、「2019年末までに」と…

この記事は有料記事です。

残り777文字(全文1068文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです