はしか

新たに3人、計23人に 愛知県の感染者

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 愛知県のはしか(麻疹)感染拡大問題で、名古屋市は14日、市内在住の10代姉妹と20代男性の計3人の感染を新たに確認したと発表した。姉と20代男性は「4次感染」とみられる。4月以降の県内の感染者はこれで23人。

 市によると、姉妹の妹は、4月23日に感染が判明した女子中学生と同じ中学校に通い、同29日…

この記事は有料記事です。

残り85文字(全文235文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集