メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

加計集中審議

首相、追及かわし続ける 麻生氏、渋々謝罪

衆院予算委員会で国民民主党の玉木雄一郎共同代表の質問中、麻生太郎財務相(左)の閣僚席からの発言で審議が止まり自席から発言する安倍晋三首相=国会内で2018年5月14日午前11時21分、川田雅浩撮影

 安倍晋三首相が出席して行われた14日の衆参予算委員会集中審議。野党は学校法人「加計学園」の獣医学部新設を巡る問題に加え、財務省の福田淳一前事務次官のセクハラ問題を巡る麻生太郎財務相の責任もただした。安倍首相が野党からの度重なるヤジにいらだちを見せつつ追及をかわし続けた一方、麻生氏が審議を中断させる場面もあり、深まらない論戦が続いた。

 「自分がしゃべりたいんだよ、この人は」。衆院予算委で、国民民主党の玉木雄一郎共同代表が北朝鮮非核化を巡って政府の考えをただした際、麻生氏が閣僚席からこう発言し、質疑は一時紛糾した。再開後、玉木氏は「閣僚がこのような態度では、まともな審議ができない。国会を不正常にしているのは安倍政権だ」と抗議。河村建夫委員長も「閣僚もそうだが、質疑中は静粛に願いたい」と注意した。

 柳瀬唯夫元首相秘書官は10日の参考人招致で、加計学園関係者と計3回面会しながら首相に報告しなかったと答弁した。野党の質問はこれを受け、加計学園問題に集中。首相は「手続きに問題はない」と繰り返したが、重なるヤジに、「私が話してますから、ちょっと静かにしてください」などといら立つ様子も見せた。

 午後の参院予算委でも、野党議員は「柳瀬氏の報告がないのは不自然だ」「(首相が加計孝太郎)学園理事長と親しいなら、獣医学部についても会話しているのでは」と追及。だが、首相は「加計氏と仕事の話はしない」と批判をかわし続けた。

 一方、麻生氏は衆院予算委で、前事務次官のセクハラ問題で女性社員のセクハラ被害を申し出たテレビ朝日に対し「おわびを申し上げます」と陳謝した。

 立憲民主党の川内博史氏から「被害女性への謝罪はないのか」と求められた麻生氏は「文書でおわびという形を申し上げており、向こうからも『深く受け止めております』というご返事をいただいた」「役所としてはきちんと申し上げたと思っている」と自説を展開。川内氏に「改めて口頭で言えということを言っておられるんですか」と問い返し、「最初からおわび申し上げていると思うが」としたうえで、渋々謝罪した。【蒔田備憲、飯田憲、井出晋平】

報告なし、信じられない

 元総務相の片山善博・早稲田大院教授(政治学)の話 秘書官の作法として、首相と近しい人物との面会は首相のあだになる可能性もあり本人に相談する。指示がないのに柳瀬唯夫元首相秘書官が加計学園関係者と面会し、報告もしなかったとは信じられず、首相答弁は作り話としか思えない。「チーム安倍」の柳瀬氏が指南する時点で、加計ありきだったとの印象は拭えない。首相が一点の曇りもないと言うのなら、与党は野党が求める証人喚問などに応じるべきだ。

審議停滞は首相の責任

 岩本美砂子・三重大教授(政治学)の話 柳瀬唯夫元首相秘書官が加計学園関係者と3度会っていたことが判明しても、首相は新設を昨年1月まで知らなかったと言い張っている。誰もが分かる矛盾で、完全な行き詰まりだ。審議が進まないのは「野党がサボっているから」という声があるが、このような答弁をする首相の責任だ。これでは国民の信頼は得られない。森友・自衛隊の日報隠し・セクハラ問題もあり、支持率にボディーブローのように効いていくと思う。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛媛県文書 「正直に書いている」県幹部、首相否定に
  2. 大阪府警 交際相手に暴行し重傷、傷害容疑で巡査長を逮捕
  3. 天体 太陽系外から飛来? 逆回りの小惑星、45億年前に
  4. 愛媛県文書 首相「加計氏と会わず」事実関係を否定
  5. 愛媛県文書 加計氏との面会否定 安倍首相の発言全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]