メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新潟女児殺害

近所の23歳男を逮捕 死体遺棄・損壊容疑

新潟西警察署に入る小林遼容疑者=新潟市西区で2018年5月14日午後10時40分、佐々木順一撮影

 新潟市立小針小2年、大桃珠生(たまき)さん(7)が殺害され、同市西区のJR越後線の線路内に遺棄された事件で、新潟県警捜査本部は14日、同区の会社員、小林遼(はるか)容疑者(23)を死体遺棄と死体損壊の両容疑で逮捕した。小林容疑者は容疑を認めているという。

 逮捕容疑は、7日午後10時19分ごろから同10時30分ごろまでの間、新潟市水道局青山浄水場の先のJR越後線の線路内に大桃さんの遺体を運び入れて放置し、上り電車にひかせて、遺棄、損壊したとしている。

 小林容疑者の自宅は大桃さん宅から約100メートルしか離れておらず、遺体が遺棄された線路からも約70メートルしか離れていない。普段は電気工事会社に勤務し、事件当日は会社を休んでいた。

 小林容疑者は14日午前7時前、同区にある道の駅「新潟ふるさと村」に立ち寄ったところで捜査員に任意同行を求められた。遺棄現場付近では、小林容疑者の黒っぽい軽乗用車が防犯カメラなどに映っており、捜査本部は軽乗用車を押収して車内を調べるとともに、重要参考人として事情を聴いていた。

 付近では遺棄されたとみられる時間帯に白いワゴン車が目撃されていたが、捜査本部は、その後の捜査で無関係だったとみている。

 大桃さんは7日午後3時ごろ友人と下校。自宅まで約300メートルの踏切の手前で友人と別れた後、1人で歩いている姿を目撃されたのを最後に行方不明になった。捜査本部は死体が遺棄された状況から電車の運行間隔を熟知し、土地勘のある人物が関わったとみて調べていた。線路内にあったキャラメル色のランドセルや線路と道路を隔てる鉄製の柵から家族以外の指紋が検出されている。大桃さんは当日の登校中、男に後を追いかけられたと同級生に話していた。【井口彩、山本佳孝、斎藤文太郎】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大再回答に怒りあらわ 関学大監督
  2. アメフット 日大選手の嘆願書募集へ 関学大負傷選手の父
  3. アメフット 日大会見「火に油」の司会は元ジャーナリスト
  4. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感
  5. 輸血 感染、対策後手 献血にウイルス混入 ジビエブーム、リスクに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]