メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

落書き男?

逃げられる 新宿の繁華街、交番に連行後

 警視庁四谷署員が、東京都新宿区の新宿ゴールデン街で店舗のシャッターに落書きをしていた外国人とみられる男を交番に連行した後、逃げられた。同庁地域総務課の担当者は「任意捜査中のこととはいえ、再発防止に努めたい。犯人確保に向けて全力を挙げたい」と話している。

     地域総務課などによると、8日午前3時40分ごろ、スプレーで落書きをしていた男を周辺の飲食店関係者の男性が見つけて取り押さえ、通報で駆けつけた四谷署員に引き渡した。署員が交番に連れて行き、器物損壊容疑で事情を聴こうとしたところ、交番の鍵を開けて逃げたという。

     交番には巡査長(34)ら警察官が3人おり、体を拘束せずに1人が机を挟んで向かい合って座っていた。通訳の準備中だったため、氏名や国籍も不明という。落書きに使ったスプレーなども交番から持ち去られた。

     ゴールデン街は近年、外国人向けの旅行ガイドブックに紹介されるなど人気スポットになっている。このこととの関係は不明だが、シャッターに記号などを落書きされる被害が増えているという。【金森崇之】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ロシア ザギトワ選手に秋田犬贈呈 安倍首相も立ち会い
    2. 南北首脳 思惑一致、極秘の電撃会談
    3. 車ナンバー 図柄入りデザイン 全国41地域を決定 
    4. 韓国大統領 正恩氏と2度目の首脳会談 板門店で実施
    5. アメフット 日大再回答に怒りあらわ 関学大監督

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]