メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

暴言自衛官の波紋 「いつか来た道」の予兆か

コラージュ・日比野英志

 このまま「個人の暴走」で幕引きしていいのか。30代の自衛官が国会議員に暴言を吐いた問題。防衛省はこの自衛官を懲戒処分より軽い訓戒処分にしたが、「文民統制の危機が露呈した」と懸念する声が上がっている。「いつか来た道」を再び歩まないよう、立ち止まって考えたい。【田村彰子】

 同じことをされたら背筋が寒くなる人もいるだろう。夜、人もまばらな国会近くの路上で、小西洋之参院議員は偶然出会った若い男性に「自衛官だ」と名乗られ、「国のために働け」「国益を損なうようなことをしている」「気持ち悪い」「ばか」と暴言を浴びた--。

 この男性は、統合幕僚監部指揮通信システム部に所属する3等空佐。冒頭の出来事は、防衛省による3佐への…

この記事は有料記事です。

残り2561文字(全文2868文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  2. ORICON NEWS 幼稚園児の娘の絵を完全再現…“究極のキャラ弁”披露する芸人父「弁当作りで成長見える」
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  5. 神戸バス暴走 「一緒に仕事していた仲間」「お姉ちゃん先生」 犠牲の若者2人を悼む声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです