メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外悪質タックルは監督の指示、「やらなければ後ないと思った」
フォーカス

波瑠 ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官」矢代朋役 肉体派刑事の奮闘

女優の波瑠さん=藤井達也撮影

ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官」矢代朋役(テレビ朝日系=木曜午後9時)

 女優としてのキャリアは既に10年以上、刑事ドラマの出演も数多い。「BORDER」シリーズ(テレビ朝日系、2014年など)の検視官役や「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」(フジテレビ系、16年)の刑事役など、クールな雰囲気や影のある人物像を醸し出してきた。しかし、今作ではがらりと印象を変え、肉体派の熱血刑事、矢代朋として奮闘中。「筋肉バカの朋の成長と、その未熟者が周りにもたらす影響や人間模様を楽しんでほしい」と話す。

 警視庁の特命捜査対策室第6係に配属された朋。そこは未解決事件の文書捜査を担当する窓際部署だった。文…

この記事は有料記事です。

残り548文字(全文846文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 衆院委 過労死、自己責任になる仕組み…遺族が高プロ批判
  2. 愛媛県文書 「正直に書いている」県幹部、首相否定に
  3. 福岡県教委 中3女子を買春 男性教諭を免職処分
  4. 強制わいせつ容疑 26歳消防士を逮捕 山梨県警
  5. 大阪 保育園に車突入 運転の69歳男性死亡 園児は不在

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]