メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小林愛実

ピアノイベント「ならピ!」出演 ショパン突き詰め見えた音

「ならピ!」ではリストの「愛の夢」なども弾く。「有名な曲ばかり選んだので、子どもたちにも楽しんでほしい」と話す小林愛実=大阪市北区で、菅知美撮影

 幼い頃から数々のコンクールで優勝し、プロオーケストラと協演するなど「天才少女」と呼ばれたピアニストの小林愛実(あいみ)。2015年、ショパン国際コンクールに出場し、大きな注目を集めた。22歳の今、「ショパンコンクールが終わって、私の第2章が始まった」と語る。

 ピアノを始めたのは3歳の時。小学4年だった05年、全日本学生音楽コンクール小学校の部で1位となるなど、華々しい活躍を続けた。「子どもの頃の方が思うように弾けた。ピアノ中心の生活で、小さいながらに『私にはこれしかない』と思ってしまった」と話す。

 恩師の勧めで13年、米カーティス音楽院に留学した。その前後から迷いが出てきたという。「幼い頃からコ…

この記事は有料記事です。

残り900文字(全文1202文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  2. 「佐賀、北朝鮮のよう」自民・谷川議員が長崎新幹線めぐり発言
  3. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  4. いだてん 孝蔵役の森山未來が金原亭馬生と古今亭志ん朝も演じ分け 語り含め1人4役に視聴者衝撃
  5. パール槍ケ岳 真珠のランデブー 長野・須坂

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです