メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フラミンゴ

よちよち、もこもこ 神戸・王子動物園

生まれて間もないベニイロフラミンゴのひな=神戸市灘区の市立王子動物園で、小松雄介撮影

 神戸市灘区の市立王子動物園でフラミンゴのひなが相次いで誕生し、親鳥の足元で立ち上がったりよちよちと歩いたりする姿が来園者を楽しませている。

     同園では地中海沿岸などに生息するヨーロッパフラミンゴと、中南米などのベニイロフラミンゴの計約200羽を飼育。4月中旬にヨーロッパフラミンゴで2羽、5月初めにはベニイロフラミンゴで1羽のひなが生まれた。

     しばらくは親鳥のくちばしから栄養豊富な分泌液「フラミンゴミルク」をもらって育つ。5月下旬にはさらに2羽がかえる予定。写生に訪れた小学4年、西村美穂さん(9)は「ひなはもこもこしていて可愛かった」と話した。【小松雄介】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ねこ駅長 「ニャー」就任で観光客5倍に JR豊後竹田駅
    2. 松尾貴史のちょっと違和感 新潟女児殺害 2次被害に無神経なメディア
    3. 熊本遺体 粘着テープで手足を拘束 死後数週間が経過
    4. 陸上 山県が2位 優勝はガトリン 男子100メートル
    5. 名人戦 佐藤名人が2勝目 再びタイに

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]