メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福岡空港民営化

「地元連合」運営 国交省が選定方針 19年

 国土交通省は、2019年に民営化される福岡空港の運営事業者に、九州電力や西日本鉄道など「地元連合」が設立した福岡エアポートホールディングスを中心とする企業連合を選定する方針を固めた。地域に根ざした空港活性化策と3000億円台とみられる運営権の提示額で最も高い評価を得た。2次審査には3企業連合が進んだが、大和ハウス工業と東京建物の2企業連合は及ばなかった。【石田宗久、志村一也】

 昨年5月に始まった公募には、5企業連合が応募した。空港運営の実績がある国内外の企業や投資会社が参加…

この記事は有料記事です。

残り430文字(全文670文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  3. 人生は夕方から楽しくなる 政治ジャーナリスト・田崎史郎さん 「地獄」見たからこそ、分かることがある

  4. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  5. 下関署の女性巡査が福岡の風俗店でバイト 減給処分受け依願退職

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです