メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水稲「イ号」

「幻のコメ」日本酒に 三川で新ブランド誕生に期待 80年ぶり復活 /山形

 かつて県内最大の栽培面積を誇った水稲の品種を日本酒で復活させようと、田植えが最盛期を迎えた庄内地方の三川町で、約80年ぶりに水稲の品種「イ号」の栽培が始まった。個性的な日本酒の人気が高まりつつある国内需要をにらみ、第二次世界大戦前に栽培を終えた「幻のコメ」をよみがえらせるプロジェクトに、町観光関係者と農家らは「良質米のふるさと庄内を売りコメ」と意気込んでいる。

 イ号は、東郷村(現三川町)の佐藤弥太右衛門(やたえもん)が明治末期に育成した品種。全盛期の1927…

この記事は有料記事です。

残り546文字(全文778文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 遭難父子 遺体発見 沢で寄り添うように 新潟の山中
  2. 加計と日大問題 似た構図、丸山真男の「無責任の体系」か
  3. 高校バスケット 判定に不満 延岡学園選手が突然審判殴る
  4. 選挙 立川市議選 新議員28人決まる /東京
  5. JR大宮駅 駅員の胸たたいた容疑 世田谷区の女職員逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]