メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福島空港

17年度利用者25万9618人 原発事故後で最多 /福島

 2017年度の福島空港(須賀川市・玉川村)の利用者数が25万9618人で、東京電力福島第1原発事故後の11年度以降で最多だったことが、県のまとめで明らかになった。台湾やベトナムへのチャーター便が増えたことや、関西地方で大阪と結ぶ定期便のPRを強化したことが要因。今年は開港25周年の節目にあたり、県は「さらに利用者を伸ばし、多くの人に復興を目指す福島の自然や食など豊富な魅力を体感してもらいたい」としている。

 利用者数は福島空港を出発、到着した便の搭乗者数の合計。県空港交流課によると、大阪や札幌を結ぶ定期便…

この記事は有料記事です。

残り569文字(全文824文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  2. 訃報 大塚勇三さん97歳=児童文学者「スーホの白い馬」
  3. 統合失調症 実は「痩せ」と相関 藤田保健大が遺伝子解析
  4. 特集ワイド “目立つ”大人の「発達障害」 「不寛容な社会」で表面化
  5. 夏の高校野球 マウンドでお決まりポーズ 金足農・吉田

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです