メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
アホウドリ

我孫子の野鳥彫刻家・内山さん、鳥島の絶滅危惧種救う 模型制作で復活計画に一役 /千葉

 我孫子市の野鳥彫刻家が制作した鳥模型のデコイが、東京の南600キロの鳥島に生息する絶滅危惧種のアホウドリの復活計画に一役買った。デコイで安全な場所に誘い出して繁殖数を増やす環境省の事業で活用され、今月推定個体数が5000羽を超え、絶滅の危機を脱しつつある。鳥をおびき寄せて殺す道具だったデコイが保護活動に使われたことに、制作した内山春雄さん(68)は「私の彫刻の技術が保護に役立ちうれしい」と喜んでいる。【橋本利昭】

 内山さんは13日、功績が認められ、「全国野鳥保護のつどい」(日本鳥類保護連盟など主催)で、同連盟総…

この記事は有料記事です。

残り987文字(全文1246文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  2. パトカーが4歳男児はねる 緊急走行中、横断歩道で 東京・千代田区

  3. 犯人蔵匿・隠避容疑で51歳女逮捕 あおり運転 逮捕の男は暴行認める

  4. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

  5. スワン型うきわ 目を離さないで 行楽シーズン、注意呼びかけ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです