メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

南海トラフに生かす 派遣2職員の報告会に市長ら参加 名張 /三重

熊本地震被災自治体に派遣された経験を語る川合正史さん(奥左)と山本真人さん=三重県名張市の市防災センターで、衛藤達生撮影

 熊本地震の被災地、熊本県嘉島町に名張市が昨年度に派遣した土木系職員2人による報告会が14日、同市防災センターであった。2人は地震で亀裂が入った道路や復旧工事の様子を画像などで紹介。報告会には亀井利克市長や福田博行市議会議長ら約60人が参加した。

 嘉島町は2016年4月の熊本地震で震度7の激震に2度見舞われた熊本県益城町に隣接する人口約9000人の自治体。地震で約700棟の住宅が全半壊した。

 派遣されたのは都市整備部維持管理室の川合正史さんと上下水道部水道維持室の山本真人さん。川合さんが昨年4~9月に、山本さんは同10月~今年3月に、主に道路などの復旧工事を担当した。

この記事は有料記事です。

残り298文字(全文585文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 落語家の桂文枝さん 67歳妻と99歳母が死去 今月下旬に相次ぎ

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約内定から見えてきたこととは

  4. 大阪で過去最多23人死亡 新型コロナ 新たな感染者は357人

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです