メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山王祭

「担ぐ喜び」受け継ぐ 事故で中断…17年後の再開から30年 失敗が教訓、技の洗練重ね 宮津 /京都

神輿の出発は近い。担ぎ手たちは頭を下げて手をたたき、神を出迎えた=京都府宮津市宮町の山王宮日吉神社で、安部拓輝撮影

 宮津市宮町の山王宮日吉神社で15日に山王祭が営まれた。今年は神輿(みこし)が復活して30年を迎えた。巡行中の事故をきっかけに中断し、再開されたのは17年後の1989年。担ぎ手たちは神輿組を結成し、江戸期から続く400年の伝統を支えている。「担ぐ喜びを受け継ぎたい」。そんな思いが原動力だ。【安部拓輝】

 午前11時前、出発の時が来た。心臓の高鳴りを表すように太鼓の音が早くなる。「さあ始まるぞ」。神輿に…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 誤って高圧幹線を切断 大阪・高槻で病院など停電
  2. 飛び交う「ええかげんにせえや」 大阪都構想の法定協が大混乱
  3. 小室圭さんが謝罪コメント発表 母の金銭トラブルで経緯説明
  4. SNSにも動画 背景に「カワウソブーム」 警視庁2容疑者逮捕
  5. 特集ワイド 「アベ政治ノー」訴え続ける 木内みどりさん 「言うべきこと」萎縮無用

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです