メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山王祭

「担ぐ喜び」受け継ぐ 事故で中断…17年後の再開から30年 失敗が教訓、技の洗練重ね 宮津 /京都

神輿の出発は近い。担ぎ手たちは頭を下げて手をたたき、神を出迎えた=京都府宮津市宮町の山王宮日吉神社で、安部拓輝撮影

 宮津市宮町の山王宮日吉神社で15日に山王祭が営まれた。今年は神輿(みこし)が復活して30年を迎えた。巡行中の事故をきっかけに中断し、再開されたのは17年後の1989年。担ぎ手たちは神輿組を結成し、江戸期から続く400年の伝統を支えている。「担ぐ喜びを受け継ぎたい」。そんな思いが原動力だ。【安部拓輝】

 午前11時前、出発の時が来た。心臓の高鳴りを表すように太鼓の音が早くなる。「さあ始まるぞ」。神輿に…

この記事は有料記事です。

残り467文字(全文668文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 卓球 福原愛が現役引退を表明 自身のブログで
  2. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
  3. 卓球 福原愛さん引退 中国、台湾でも高い関心
  4. 山本美月 大興奮!「一人ずつと写真を」  歴代プリキュア55人が大集合(スポニチ)
  5. プリンセス駅伝 ワコールが1位 三井住友海上は途中棄権

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです