メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラッコ

「ラッキー」20歳に 国内の雄最高齢 須磨海浜水族園 /兵庫

えさを食べた後、満足そうな表情で口元をぬぐうラッコの「ラッキー」。20歳になっても元気いっぱいだ=神戸市須磨区の市立須磨海浜水族園で、望月靖祥撮影

 神戸市須磨区の市立須磨海浜水族園の人気者で、雄のラッコとしては国内最高齢の「ラッキー」が今月13日、20歳になった。ラッコの寿命は15~20年と言われているが、まだまだ元気いっぱい。雌の「明日花(あすか)」(19歳)とともに、かわいい仕草で来場者に愛嬌(あいきょう)を振りまいている。

 ラッキーの誕生日は1998年5月13日。須磨で生まれた明日花の「婿」として、6年前に新潟市の水族館からやって来た。当時に比べると白い毛が増えたが、えさをもらう時の動きは変わらず素早い…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  2. ORICON NEWS 幼稚園児の娘の絵を完全再現…“究極のキャラ弁”披露する芸人父「弁当作りで成長見える」
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  5. 神戸バス暴走 「一緒に仕事していた仲間」「お姉ちゃん先生」 犠牲の若者2人を悼む声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです