メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラッコ

「ラッキー」20歳に 国内の雄最高齢 須磨海浜水族園 /兵庫

えさを食べた後、満足そうな表情で口元をぬぐうラッコの「ラッキー」。20歳になっても元気いっぱいだ=神戸市須磨区の市立須磨海浜水族園で、望月靖祥撮影

 神戸市須磨区の市立須磨海浜水族園の人気者で、雄のラッコとしては国内最高齢の「ラッキー」が今月13日、20歳になった。ラッコの寿命は15~20年と言われているが、まだまだ元気いっぱい。雌の「明日花(あすか)」(19歳)とともに、かわいい仕草で来場者に愛嬌(あいきょう)を振りまいている。

 ラッキーの誕生日は1998年5月13日。須磨で生まれた明日花の「婿」として、6年前に新潟市の水族館からやって来た。当時に比べると白い毛が増えたが、えさをもらう時の動きは変わらず素早い…

この記事は有料記事です。

残り354文字(全文589文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. なぜ首相は「立憲民主党」を「民主党」と何度も同じ箇所で間違えるのか
  2. 参院選 後半情勢・毎日新聞総合調査 改憲、3分の2厳しく 1人区で自民防戦
  3. 「自分のスケート探す」 フィギュア・宇野、今季はメインコーチ不在に
  4. 愛媛・伊方原発 3号機 特重施設の工事分割 四電、規制委に申請 /徳島
  5. 「結局は日本経済により大きな被害」 韓国大統領警告 輸出規制問題で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです