メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高畑勲さん死去

作品の思い伝える 監督しのび 「火垂るの墓を歩く会」今後も「続ける」 /兵庫

 4月に82歳で亡くなったアニメーション映画監督、高畑勲さんのお別れの会が「三鷹の森ジブリ美術館」(東京都三鷹市)で営まれた15日、高畑さんが手がけたアニメ映画「火垂るの墓」の舞台を巡る「火垂るの墓を歩く会」の事務局を務める辻川敦さん(58)は高畑さんをしのび、「これからも活動を続けたい」と語った。

 辻川さんは尼崎市立地域研究史料館館長。火垂るの墓を歩く会は辻川さんらが1999年から企画している。毎年8月、戦争で焼け残り、当時の面影を残す「御影公会堂」(…

この記事は有料記事です。

残り345文字(全文574文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  2. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

  3. テセウスの船 第6話“衝撃ラスト”に視聴者「ビックリ!」「気持ちの整理が…」(ネタバレあり)

  4. 新型肺炎 医療用マスク、自治体・病院に優先供給 厚労省

  5. 風知草 皆検査で不安ぬぐえ=山田孝男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです