メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

継ぎ獅子

勇壮に 27日まで今治の29神社で披露 /愛媛

今治城を背に勇壮な「三継ぎ獅子」を披露する樋口獅子舞保存会のメンバー=愛媛県今治市通町3で、松倉展人撮影

 人の上に人が立って獅子を舞う県無形民俗文化財「継ぎ獅子」が今治市各地の春祭りで盛んに行われている。「三継ぎ獅子」「四継ぎ獅子」「五継ぎ獅子」と上に上に組み上げられ、27日までの土日を中心に、市内29神社で繰り広げられる。

     伊勢神宮に伝わる「代々神楽」(二継ぎ獅子)の流れをくむといわれ、獅子頭をかぶった獅子児(ししご)と呼ばれる少年が頂点で曲芸を披露するのが魅力。

     吹揚(ふきあげ)神社(通町3)の祭礼では同市の樋口(ひのくち)獅子舞保存会などが青空に映える今治城を背景に勇壮な芸を披露。「三継ぎ獅子」の獅子児になった波方小1年、児谷結人(こたにゆいと)さん(6)は「練習通りできました。気持ちよかった」と晴れ舞台を楽しんだ。【松倉展人】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 松尾貴史のちょっと違和感 新潟女児殺害 2次被害に無神経なメディア
    2. ぐるっと首都圏・旅する・みつける 東京・調布 深大寺 水と緑が豊かな古刹 都心から30キロのオアシス /東京
    3. 名人戦 佐藤名人が2勝目 再びタイに
    4. FFと天野喜孝の世界展 東京・池袋で大規模展示会 原画やCG、立体造形も
    5. 陸上 山県が2位 優勝はガトリン 男子100メートル

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]