メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

介護短歌展

母思う 奄美の橋田さん、15年間の日々詠んだ100首 /鹿児島

 母を介護してきた15年間を見つめ、母への思いを込めた短歌を詠み続けてきた鹿児島県奄美市笠利町の橋田博文さん(64)の「介護短歌 一人百首展」が、同県立奄美図書館で開催されている。100点の短歌が展示され、橋田さんは「何気ない思いをつづった。自由に感じ取ってもらえれば」と話す。29日まで。

 橋田さんの母ムツ子さん(99)は、奄美大島発祥の高級絹織物である大島紬(つむぎ)の機織りをしながら4人の子を育ててきた。しかし高齢となり、認知症を発症。橋田さんは1997~2012年、自宅で介護を続けてき…

この記事は有料記事です。

残り373文字(全文621文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  2. 統合失調症 実は「痩せ」と相関 藤田保健大が遺伝子解析
  3. ジャカルタ・アジア大会 「代表の自覚なかった」 バスケ4選手、買春謝罪 裁定委設置、処分へ
  4. 特集ワイド “目立つ”大人の「発達障害」 「不寛容な社会」で表面化
  5. アジア大会 バスケ4選手が買春か JOC処分、帰国の途

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです