メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

裁量労働制

労働時間調査、2割削除 2492事業場 働き方改革の根拠

裁量労働制の異常データ問題を巡る主な経緯

 裁量労働制に関する厚生労働省の調査に異常値が見つかった問題で、厚労省は15日、精査結果を公表した。一般労働者の労働時間は966事業場で異常値が確認され、すでに撤回した裁量労働制のデータと合わせて2492事業場を調査から削除した。削除後の再集計で、一般労働者の1日や1カ月の残業時間は元のデータより短くなり、野党はデータが働き方改革関連法案の根拠の一つになっているとして「審議の前提が揺らいだ」と批判している。【神足俊輔】

 加藤勝信厚労相は15日、衆院厚労委員会で「謙虚に反省していかなければならない」と陳謝した。

この記事は有料記事です。

残り2440文字(全文2697文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 余録 「いやだいやだよ…

  2. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 「断じて受け入れられない」茂木外相が談話 韓国の元慰安婦訴訟判決確定に

  5. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです