連載

水説

古賀攻専門編集委員の政治を中心としたコラム。

連載一覧

水説

いずれ天動説は覆る=中村秀明

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 <sui-setsu>

 国や地方で女性の議員をもっと増やすよう各政党に求める法律が、ようやく国会で成立する。

 「政治分野における男女共同参画推進法」だ。女性の政治参加を進め、多様な価値観や視点を持った社会に変えていく狙いがある。

 罰則はなく、義務付けてもいない。「さまざまな選挙で男女の候補者の比率をできるだけ均等になるよう目指そう」という緩い内容である。

 文句のつけようがないのに、与野党の一部議員が2014年に動き始めてから4年かかった。国会の総意で法律にする「議員立法」にまとめるのが大変だった。与野党の駆け引きのあおりでたなざらしにされ、衆院が解散して廃案になったこともある。だが、何よりも保守的な議員の異論や抵抗が想定を超えた。

この記事は有料記事です。

残り653文字(全文973文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集