メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
論プラス

統合型リゾート実施法案 賭博が成長戦略?=論説委員・伊藤正志

大阪湾の人口島「夢洲」でのIR整備のイメージ=関西経済同友会提供、2015年1月作成

依存症の懸念残る

 カジノ設置を目指す統合型リゾート(IR)実施法案への疑問が尽きない。ギャンブル依存症への懸念はもちろん大きいが、そもそも、なぜ賭博が日本の経済を押し上げる成長戦略の目玉になり得るのか。法案では地域振興もうたわれるが、地方の活性化につながるのか、見通しは不透明だと言わざるを得ない。

不透明な地域振興

 ギャンブル依存症に関する最新のデータをまず見てみたい。

 厚生労働省が昨年、約1万人の面接調査の結果を公表した数字では、生涯で依存症が疑われる状態になった人…

この記事は有料記事です。

残り2069文字(全文2304文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ米大統領「まもなく最大規模の対日協定に合意する」

  2. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  3. 大野氏初当選 埼玉知事選 与党系との一騎打ち制す 野党共闘に弾み

  4. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  5. 「衆院選に大きな展望」野党歓迎 大野氏埼玉知事選初当選 統一加速へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです