米国

大使館エルサレム移転 「最大限の自制心を」 デモ死者多数、EU外相が懸念

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ブリュッセル八田浩輔】米大使館のエルサレム移転に対する抗議デモでパレスチナ側に多数の死傷者が出たことを巡り、欧州連合(EU)のモゲリーニ外務・安全保障政策上級代表(外相)は14日の声明で「更なる人命の喪失を避けるため、すべての関係者が最大限の自制心を持って行動する」ことを求めた。また、EUの外交…

この記事は有料記事です。

残り83文字(全文233文字)

あわせて読みたい

注目の特集