メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スルガ銀

シェアハウス問題 不正究明遠く 第三者委設置

シェアハウス融資問題で陳謝する米山明広スルガ銀行社長(左)=静岡県沼津市上土町で2018年5月15日午後3時8分、石川宏撮影

 シェアハウス「かぼちゃの馬車」の投資トラブルを巡り、スルガ銀行が15日公表した内部調査報告書は、同行のずさんな融資審査体制を改めて浮き彫りにした。詳細な調査は第三者委員会に委ねられたが、「銀行が不正に積極的に関与していた」という関係者の証言は多く、徹底した実態解明が求められる。

社長「リスク認識できず」

 記者会見したスルガ銀の米山明広社長らによると、同行がシェアハウス向けの融資を始めたのは2013年で、業者に提案されたのがきっかけだったという。18年3月末時点のシェアハウス向け融資は、経営破綻したスマートデイズを含む約10業者の物件で、同行の個人向け融資の2割にあたる約2035億円にのぼった。

 米山社長は「シェアハウスは特殊な案件なのに、リスクが十分認識できていなかった」と説明。報告書では、…

この記事は有料記事です。

残り641文字(全文992文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に津波注意報
  2. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  3. 防災なるほドリ 帰れなくなったらどうしたらいいの?=回答・金森崇之
  4. 同級生に一方的恨みか 交友でトラブル 名前使って110番 拳銃強奪
  5. 震源は「新潟-神戸ひずみ集中帯」 逆断層型、繰り返し発生 新潟震度6強

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです