メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

ZTE制裁、見直しへ 農産物報復関税で「取引」

 【ワシントン清水憲司】ロス米商務長官は14日、米国企業との商取引を禁止する制裁で経営危機に陥っている中国の通信機器大手、中興通訊(ZTE)について「代替策を早急に探る」と述べ、制裁の見直しを表明した。トランプ大統領の指示によるもので、米メディアはZTEへの制裁緩和と引き換えに、中国が米農産物への報復関税の撤回に応じる見通しと報道。ワシントンで今週開く貿易摩擦をめぐる米中の閣僚級協議を控え、「取引」が進んでいる模様だ。

 ロス氏は14日、ワシントンで講演し、「制裁と通商交渉は別物だ」としながらも、ZTEとの米製品の取引…

この記事は有料記事です。

残り480文字(全文741文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中国、新型肺炎の厳戒下で春節 30億人移動の大型連休始まる

  2. 月経周期の平均日数は年齢とともに変化 国立成育医療研究センターが発表

  3. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  4. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  5. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです