メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

食品スーパー化する農産物直売所=農業ジャーナリスト・青山浩子

 各地の農産物直売所は朝から大勢の客でにぎわっている。最近では、広大な売り場面積を持ち、駐車スペースも完備しているような大型直売所が増えてきた。

 大型直売所を取材していて気になるのは、食品スーパーに近づいている点だ。品ぞろえは豊富で買い物はしやすいが、規格内におさまった農産物が並び、農家ごとの価格差があまり見られない。店側に聞くと「出荷農家は卸売市場の相場を参考に価格設定をしている」という。

 さらには、店がそうした価格設定を農家に奨励し、相場からかけ離れた値をつける農家には修正を求めることもある。スーパーなどとの競合を踏まえてのことだ。スーパーより若干安く売ることで、集客を増やしたいという狙いがある。

この記事は有料記事です。

残り402文字(全文706文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  2. 首相、緊急事態宣言を発令 7都府県対象、5月6日まで

  3. 首相「感染者1カ月後8万人超えも」 接触機会7~8割減で「2週間後減少に」

  4. 無症状、軽症者ホテル受け入れ「原則反対」 旅行会社、ホテルの労組

  5. 現金給付の厳しい条件など「不満のオンパレード」自公に続出 早くも「更なる経済対策を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです