横山大観展

入場者10万人

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
横山大観展10万人目の来場者となり記念写真に納まる飯田麻子さん(左)と母親の葉子さん(中央)。右は東京国立近代美術館の神代浩館長=東京都千代田区の同美術館で2018年5月15日午後1時56分、玉城達郎撮影
横山大観展10万人目の来場者となり記念写真に納まる飯田麻子さん(左)と母親の葉子さん(中央)。右は東京国立近代美術館の神代浩館長=東京都千代田区の同美術館で2018年5月15日午後1時56分、玉城達郎撮影

 東京都千代田区の東京国立近代美術館で開かれている「生誕150年 横山大観展」(毎日新聞社など主催)の入場者が15日、10万人を突破した。10万人目となったのは横浜市青葉区の大学生、飯田麻子さん(22)。同美術館で記念セレモニーがあり、神代浩館長から図録と記念品が贈られた=写真・玉城達郎撮影。

 飯田さんは母の葉子さん(52)と2人で…

この記事は有料記事です。

残り151文字(全文318文字)

あわせて読みたい

注目の特集