メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社告

日本陶芸倶楽部チャリティー展

 日本陶芸倶楽部作品展2018(チャリティー作品発表展)を30日(水)から6月4日(月)まで、東京都中央区の松屋銀座8階イベントスクエアで開きます。会員245人が制作したアマチュアらしい個性あふれる作品364点と同倶楽部制作作品150点、著名な陶芸家63人による70点の賛助出品作品を展示即売します。期間中31日14時からと2日17時からの2回、工芸評論家・多摩美術大学教授の外舘和子さんと賛助出品作家らによるギャラリートークを行い、体験イベントを毎日開催します。純益は毎日新聞東京社会事業団などへ寄託し、広く社会福祉に役立てます。

     また、作品展を機に6月9日(土)、10日(日)の両日、特別作陶会「時計」を同倶楽部(東京都渋谷区神宮前1の5、東郷神社境内、電話03・3402・3634)で開きます。同展期間中、会場でも受講を受け付けます。

     主催 日本陶芸倶楽部、NHK厚生文化事業団、毎日新聞東京社会事業団/後援 毎日新聞社

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. れいわ新選組の舩後氏が初当選 重度身体障害者の新人 特定枠1位
    2. あなたの参院選 なぜ8時に当選確実が出るの? テレビ選挙報道の舞台裏
    3. ORICON NEWS ビートたけし、吉本興業を痛烈批判「だったら雇うなよ。最低保証くらいしろよ」
    4. 東京選挙区、共産現職の吉良氏再選
    5. コトバ解説 「衆議院」と「参議院」の違い

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです