メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Country・Gentleman

田舎暮らしは何事も経験=C・W・ニコル

アファンの森も新緑の季節を迎えた=C.W.ニコル・アファンの森財団提供

 <カントリージェントルマン>

 東京ではサクラの見ごろもとうに過ぎたころ、黒姫のわが家のサクラは満開を迎えた。雪国では、サクラの開花と時を同じくしてハクモクレンも乳白色の大輪の花をつける。そして、ノビルなどの山菜と競うように、野の花が一斉に姿を現すのだ。

 私が黒姫の森(長野県信濃町)の再生に着手した際、間伐をする一方で、多くの苗木も植えた。その中にはヤマザクラも含まれていた。自然林には、都会で愛される華やかな品種よりヤマザクラが似合う。日本、韓国、中国を原産とするヤマザクラは短い茎に2~5個の花房をつける。花の色は白色か淡紅色で、ひとつの花に花弁は5枚だ。

 25年ほど前、池を二つ作り、そのまわりにヤマザクラを植えた。池を掘ったのは、雪解けのころになると水…

この記事は有料記事です。

残り802文字(全文1133文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女の気持ち 定年を前に 埼玉県日高市・井上しず江(大学職員・64歳)
  2. 今日から俺は!! “敵役”に城田優、中村倫也、須賀健太ら メインゲスト11人を一挙発表 
  3. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  4. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  5. 最年少町長3カ月 2児の母過疎地で奮闘「めげない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです