メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 京都大野生動物研究センターとブラジル国立アマゾン研究所(INPA)が今月8日、同国北部アマゾン川流域のクイエイラスに研究拠点「フィールドステーション」を開設した。研究者が熱帯雨林にすむ生物や生態系の現地調査をする際、足場として活用する。

 ●実態調査、難しく

 「周りに動物はいるが、隠れている。アフリカのサバンナより種類は多い。ただ、サバンナの動物のように表には出てこない」。フィールドステーション周辺の密林を案内してくれたINPAの米国人研究者マリオ・コーンハフト氏が話した。

 30年前、コーンハフト氏がINPAで鳥類研究を始めた時、アマゾンの鳥類リストは350種類だった。そ…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛吹雪「ホワイトアウト」で家見えず 自宅数十センチ手前で凍死 北海道当別町
  2. 南アフリカ 航空機の車輪格納部から遺体 密入国か
  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念
  4. DV被害で夫殺害、妻の被告に求刑半分3年6月判決 名古屋地裁
  5. 世界の雑記帳 米ユナイテッド航空機内で子犬死ぬ、座席上の棚に収納指示され

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです