メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

縁の下の誇り

虐待防止へ根本見直す=渡辺守成

 

 米国体操界で発覚した性的虐待の被害者やその家族にお会いしたのは、3月3日の「桃の節句」でした。女の子の健やかな成長を願うはずの日です。

 米国体操協会のチームドクターだったラリー・ナサル被告が五輪金メダリストら200人を超える女子選手に治療目的と偽り、性的虐待をしたとして最長で禁錮175年の判決を受けました。しかし、被害者らが訴えたのはナサル被告への恨みではなく、被告を生み出したスポーツ界に対する不信感でした。

 競技を始める時はコーチと親、子どもは対等な立場です。ところが、五輪出場が目標になると、コーチが絶対…

この記事は有料記事です。

残り755文字(全文1013文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. 北朝鮮密輸船 寄港百回超、日本各地に 韓国は禁止、国連制裁逃れに利用の恐れ

  3. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

  4. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  5. 福島処理水問題 安全基準の「ずれ」埋めよ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです