メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

囲碁

第73期本因坊戦 第1局 形勢互角の中盤戦

 <大和証券>

 <先番・山下敬吾九段-本因坊文裕>

 本因坊文裕(もんゆう)(28)=井山裕太九段=に山下敬吾九段(39)が挑む第73期本因坊決定戦七番勝負第1局(毎日新聞社、日本棋院、関西棋院主催、萩・明治維新150年記念事業実行委など共催、大和証券グループ協賛、マルシフードサービス協力)は15日午後5時14分、山下が51手目を封じて1日目を終えた。持ち時間各8時間のうち消費時間は山下3時間40分、文裕3時間34分。16日午前9時から対局を再開する。

 じっくりした序盤戦から、山下の黒23のツケが機敏な一着。文裕は昼食休憩をはさんで47分の長考を費やし、手を抜いて白24にノビた。山下は左下で実利を得て、文裕は中央に厚みを築いた。

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文596文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  4. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  5. アイリスオーヤマ、国内でマスク生産 月6000万枚供給へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです