メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外改憲勢力3分の2割り込む
旧優生保護法を問う

中絶手術で国を提訴へ 北海道の夫婦、「不妊」と同時に強制

 旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を強制されたとして国を相手に賠償請求訴訟を札幌地裁に起こす予定の女性(75)と夫(81)が、不妊手術と同時に強いられたとされる人工妊娠中絶についても賠償を求めることを決めた。

 弁護団によると、同法をめぐる人工中絶を理由に国を訴えるのは初めて。夫婦は北海道在住で、17日に東京…

この記事は有料記事です。

残り241文字(全文401文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  2. れいわ新選組の舩後氏が初当選 重度身体障害者の新人 特定枠1位
  3. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  4. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選
  5. あなたの参院選 なぜ8時に当選確実が出るの? テレビ選挙報道の舞台裏

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです