メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

雑記帳

東京電力福島第1原発事故で全域が避難区域になった福島県大熊町…

「教育と笑いの会in大熊」で落語を披露する桂雀太さん=福島県会津若松市河東町の大熊町立熊町・大野小学校仮校舎で2018年5月15日午後2時19分、湯浅聖一撮影

 東京電力福島第1原発事故で全域が避難区域になった福島県大熊町。住民たちが避難生活を送る同県会津若松市で15日、学校教育に「笑い」を取り入れる「教育と笑いの会in大熊」があった。

 避難生活で疲れた子供たちに活力を取り戻してもらおうという取り組み。会津若松市内にある町立小学校の仮校舎で、上方落語家の桂…

この記事は有料記事です。

残り123文字(全文273文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  2. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  3. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

  4. 怒る国民、焦る習主席 力任せの「武漢封鎖」に国内で摩擦も 新型肺炎

  5. 賞品の高級車渡さずMXテレビ謝罪 企画会社と「連絡取れない状況」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです