雑記帳

東京電力福島第1原発事故で全域が避難区域になった福島県大熊町…

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「教育と笑いの会in大熊」で落語を披露する桂雀太さん=福島県会津若松市河東町の大熊町立熊町・大野小学校仮校舎で2018年5月15日午後2時19分、湯浅聖一撮影
「教育と笑いの会in大熊」で落語を披露する桂雀太さん=福島県会津若松市河東町の大熊町立熊町・大野小学校仮校舎で2018年5月15日午後2時19分、湯浅聖一撮影

 東京電力福島第1原発事故で全域が避難区域になった福島県大熊町。住民たちが避難生活を送る同県会津若松市で15日、学校教育に「笑い」を取り入れる「教育と笑いの会in大熊」があった。

 避難生活で疲れた子供たちに活力を取り戻してもらおうという取り組み。会津若松市内にある町立小学校の仮校舎で、上方落語家の桂…

この記事は有料記事です。

残り123文字(全文273文字)

あわせて読みたい

注目の特集