宮滝遺跡

聖武天皇の吉野宮か 奈良時代前半の正殿跡 奈良

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
大型建物跡が見つかった宮滝遺跡(中央左)。中央は吉野川、右奥は象山=奈良県吉野町で2018年5月14日、本社ヘリから三村政司撮影
大型建物跡が見つかった宮滝遺跡(中央左)。中央は吉野川、右奥は象山=奈良県吉野町で2018年5月14日、本社ヘリから三村政司撮影

 奈良県吉野町と県立橿原考古学研究所(橿考研)は15日、同町宮滝の宮滝遺跡の発掘調査で、奈良時代(8世紀)前半とみられる大型建物跡(東西23・7メートル、南北9・6メートル)が見つかったと発表した。建物の規模や形式などから、聖武天皇(在位724~749年)が滞在した吉野宮(離宮)の正殿跡の可能性が強まった。【藤原弘】

 宮滝遺跡は吉野川の北岸にあり、調査は昨年12月~今年3月、約130平方メートルの範囲で実施。柱穴が17個、東西に2・4~2・7メートル、南北に1・8~2・1メートルの間隔で確認された。復元すると、東西に柱10本、南北に柱6本がある構造で建物の四方にひさしがあったことが判明した。平城宮内裏正殿などと同じ格式の高い様式で、天皇が滞在したとみられるという。

この記事は有料記事です。

残り980文字(全文1316文字)

あわせて読みたい

注目の特集