メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アイヌ遺骨

国、地域団体にも返還 大学保管の1600体

 政府は、北海道大など全国の大学が保管するアイヌ遺骨約1600体について、これまで遺族のみとしていた返還対象を、出土した地域のアイヌ団体にも広げる方針を決めた。今年中にも返還に向けたガイドラインを策定し、手続きを開始する。14日にあった政府のアイヌ政策推進会議(座長・菅義偉官房長官)で示された。

 新たな方針では、遺骨の情報を6カ月間公開し、アイヌ団体の求めに応じて返還する…

この記事は有料記事です。

残り281文字(全文468文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 強制性交等・監禁 県立病院の元看護師起訴 /福井
  2. もとをたどれば 鳥貴族 全品均一価格、成長の力に
  3. 首相検討 甘利氏、党要職起用へ 2日に閣僚認証式
  4. 防弾少年団 秋元康氏作詞の新曲発表中止 ファン批判で
  5. 司法試験 最年少合格は慶大1年生「周りの人たちへ感謝」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです