メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週のモンテ・クリスト伯

第5話「真の悪魔が覚醒」 ついに殺人が…!?

連続ドラマ「モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐-」第5話のシーンカット=フジテレビ提供

 俳優のディーン・フジオカさんが主演する連続ドラマ「モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐(ふくしゅう)-」(フジテレビ系、木曜午後10時)の第5話が17日、放送される。同話のサブタイトルは「真の悪魔が覚醒」で、予告映像ではモンテ・クリスト・真海(フジオカさん)とすみれ(山本美月さん)が二人きりで会話する場面や「ついに殺(あや)める」というテロップと同時にすみれが首を絞められるシーンが登場する。

 真海は、復讐のターゲットの一人である神楽清(新井浩文さん)の妻・留美(稲森いずみ)と、留美が不倫の果てに産んだ安堂完治(葉山奨之さん)とを結びつけた。真海の次なる一手は入間公平(高橋克典さん)。真海は入間の娘・未蘭(岸井ゆきのさん)の婚約者で、マレーシアに駐在している外務省勤務の出口文矢(尾上寛之さん)を日本に呼び戻して自分の別荘に招待する。日本に帰れたことを喜ぶ出口に、真海は頼みがあると持ちかける。それは入間の父・貞吉(伊武雅刀さん)を殺してほしいというものだった。驚く出口に真海は冗談だと告げるが、入間家は貞吉の莫大(ばくだい)な遺産相続でもめていることを吹き込む。

 一方、未蘭は「富永水産」に頼んでおいた魚を取りに行く。守尾信一朗(高杉真宙さん)に会った途端、笑顔が輝く未蘭は、信一朗に貞吉の反対で出口との結婚がなくなったと告げる。未蘭が帰宅すると入間家に出口が来ていた。入間は出口に、貞吉の遺言書について話す。未蘭が出口と結婚したら遺産は全て寄付するというものだが、入間は、それでも未蘭と結婚してほしいと出口に頼む。出口から成り行きを聞いた真海は、出口に「未蘭との結婚前に貞吉を殺して遺産を相続してしまえばいい」「貞吉はかつて人を殺している」と話し出す……というストーリー。

 ドラマは、「巌窟王(がんくつおう)」としても知られる、アレクサンドル・デュマの名作「モンテ・クリスト伯」が原作で、現代の日本を舞台にして描かれる。無実の罪を着せられ、異国で15年間投獄された後、素性を隠すため柴門暖から改名したモンテ・クリスト・真海が、“復讐の鬼”と化して、自らを陥れた人間たちに緻密なわなを仕掛け、制裁を下していく……という復讐劇。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮内庁 仁徳天皇陵を発掘へ 今月下旬から堺市と共同で
  2. 今どきの歴史 世界遺産候補 百舌鳥・古市古墳群(大阪府) 悩ましき被葬者論争
  3. 大山古墳 40メートル大きかった 築造当時、全長525メートル 宮内庁測量 周濠の水面下にも墳丘
  4. 歴史散歩・時の手枕 大山古墳(仁徳天皇陵、堺市堺区) 風格堂々 都会の森
  5. 強盗 現金5100万円奪われる 顔面に液体塗りつけられ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです