メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪

生活困窮者もLGBTも みんなでフットサル

プレーを楽しむ参加者たち=大阪市西成区岸里1で2018年5月12日午後3時19分、金志尚撮影

 生活困窮者や引きこもり経験者、性的少数者のLGBTなど、社会から孤立しがちな人たちが緩やかにつながる場を作れないか--。そんな意識から始まったユニークなフットサル大会が大阪市内で開かれた。誰もが対等になれるスポーツを通じ、社会や他者との接点を生み出す試みだ。「悩んでいるのは自分だけではない」「結局はみな同じ人間」。参加者からはこうした声が上がり、つながることの大切さが再認識された。【金志尚】

 生活困窮者の支援を手掛ける大阪市のNPO法人「ビッグイシュー基金」が主催し、12日に大阪市西成区の…

この記事は有料記事です。

残り787文字(全文1035文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  2. 賞品の高級車渡さずMXテレビ謝罪 企画会社と「連絡取れない状況」

  3. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

  4. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」が破産申請 従業員200人解雇

  5. 「珍 女性のような男性」 テレビ山口が番組で性的少数者に差別表現

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです