メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

神戸

国内最高齢のラッコ 「ラッキー」が20歳に

えさを食べた後、満足そうな表情で口元をぬぐうラッコの「ラッキー」。20歳になっても元気いっぱいだ=神戸市須磨区の市立須磨海浜水族園で2018年5月14日、望月靖祥撮影

 神戸市須磨区の市立須磨海浜水族園の人気者で、雄のラッコとしては国内最高齢の「ラッキー」が今月13日、20歳になった。ラッコの寿命は15~20年と言われているが、まだまだ元気いっぱい。雌の「明日花(あすか)」(19歳)とともに、かわいい仕草で来場者に愛嬌(あいきょう)を振りまいている。

 ラッキーの誕生日は1998年5月13日。須磨で生まれた明日花の「婿」として、6年前に新潟市の水族館からやって来た。当時に比べると白い毛が増えたが、えさをもらう時の動きは変わらず素…

この記事は有料記事です。

残り351文字(全文584文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  4. 仙台・警官刺殺 刃渡りは20cm 「現金拾った」と訪問
  5. 仙台・警官刺殺 死亡の男は21歳大学生

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです