メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スルガ銀

相当数の行員、偽造認識 シェアハウス融資調査

シェアハウス販売業者と顧客との売買契約をめぐる不正のイメージ

 女性向けシェアハウス「かぼちゃの馬車」の運営会社スマートデイズ(東京)が破綻した問題で、スルガ銀行(静岡県沼津市)は15日、シェアハウス購入者への融資の審査書類が偽造された可能性を「相当数の行員が認識していたと考えられる」とする内部調査の概要を公表した。2018年3月末時点のシェアハウス向け融資は1258人、約2035億円にのぼる。不正の背景には、増収増益達成へのプレッシャーがあったとの認識を示した。

 米山明広社長は記者会見で「多大なるご迷惑とご心配をかけ、深くおわびする」と陳謝。さらに調査と原因究明を進めるため、同日付で第三者委員会(委員長・中村直人弁護士)を設置したことを明らかにした。

 内部調査によると、スマートデイズが取り扱う物件の販売業者は、スルガ銀に提出する融資の審査書類で、購入者の預金残高や年収を水増しした書類を作成。スルガ銀は通帳の原本などの確認を怠り、審査を通していた。

 融資にあたってスルガ銀には物件額の1割の自己資金が必要との内規がある。これをクリアするため、販売業者は実際の契約書とは別に、自己資金があるように見せかけた虚偽の契約書を作成し、スルガ銀から融資を引き出していた。スルガ銀の営業担当者が販売業者から両方の契約書をメールで受け取っていたケースもあった。営業部門幹部が、融資に難色を示す審査部の担当者を恫喝(どうかつ)するなど圧力をかけていたことも明らかにし、「増収増益を継続しなくてはならないという全社的なプレッシャーがあり、営業が審査より優位に立っていた」と指摘した。

 スマートデイズは物件を副収入目当ての会社員らにローンを組ませて1億円以上で販売。物件を借り上げて転貸する「サブリース」を展開していた。米山社長は、融資の取り扱いが一部支店に限られていたことから「組織的(な不正)ではない」と釈明。自身の責任については「深い所までつまびらかにして対策を作り、次の経営陣に引き継ぐ」と述べ、第三者委や金融庁の検査結果を待ってから対応する考えを示した。【鳴海崇】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相 観閲式視察 中国、北朝鮮をけん制
  2. 松尾貴史のちょっと違和感 新潟女児殺害 2次被害に無神経なメディア
  3. 陸上 山県が2位 優勝はガトリン 男子100メートル
  4. キューバ 旅客機墜落 死者は110人に
  5. 旧優生保護法 強制不妊、妻に言えず 提訴の男性「人生返して」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]